仙台で美容整形をする前に知っておくべきこととは

  1. ホーム
  2. ほうれい線を消すには

ほうれい線を消すには

先生

ほうれい線を消す方法

ほうれい線を消すために仙台で美容整形をお考えの方に、ほうれい線を消す手術方法についての情報をお教えします。美容整形でほうれい線を消す場合、コラーゲンやヒアルロン酸を注入し、内側から皮膚を押し上げて消す方法があります。仙台にはこういった注射を使用した美容整形を行うクリニックも少なくありません。注射で成分を注入するので、皮膚を切開する必要がなく、そのような美容整形手術と比べると、跡が残らず比較的安全です。しかし、アレルギーが出てしまうこともあるので注意が必要です。
コラーゲンは、牛などの動物からとった動物由来のものや、ヒト由来のコラーゲンの2種類があります。どちらもタンパク質で安全ではありますが、動物由来のものだと人によってはアレルギーが出てしまうこともあるので施術前にアレルギーが起きてしまわないかのチェックをすることが大切です。コラーゲン注射でのアレルギーでは、注射した部分が固まって、しこりになってしまったり、痛みや腫れ、皮膚の変色などさまざまな症状が現れたりするので注意しましょう。
ヒト由来のコラーゲンの場合はとくにアレルギーが出てしまうことはないので施術前のチェックは必要ありません。
ヒアルロン酸は人工的に作られた物質です。そのためアレルギーが出てしまうことはほぼないです。ヒアルロン酸には様々な種類がありますが、それぞれの手術箇所に合わせて種類を変え、自分の希望部位に合うヒアルロン酸を医師と相談しながら選ぶことが重要です。
また、プラセンタという成分を注入する施術法もあります。このプラセンタは人の胎盤が原料となっています。人の胎盤と聞くと病気の感染などが気になりますが、しっかりした血液検査で病原菌の感染がないかチェックし、健康な女性の胎盤を選んでいるので、安全性は高いといわれています。
コラーゲンを注入してほうれい線を消す場合、その効果がどのくらい維持できるのか気になりますよね。コラーゲン注射は、皮膚の内側からシワなどが気になる部分を押し上げるといった方法で、ほうれい線などを目立たなくします。しかし肌のハリなどを蘇らせるわけではないので、だいたい3~6ヶ月ほどでコラーゲンは吸収され、効果がきれてしまいます。効果が続いているときに定期的にコラーゲンを注入することで、効果を持続させることができます。そのタイミングはきちんと担当のドクターと相談するようにしましょう。
ヒアルロン酸も体内に存在する成分なので、コラーゲン同様、体に吸収されてしまいますが、効果を維持できる期間はだいたい6~12ヶ月と、コラーゲンより長いです。また、2回目にヒアルロン酸を注入する場合は、更に効果が持続する期間が続きます。クリニックによっては2~3年、効果が持続するものを使っている場所もあるので、仙台で美容整形ができるクリニックを探す場合はそういった点も注意すると良いでしょう。
プラセンタは、お肌のハリを取り戻すこと以外にも、さまざまな効果があります。シミやシワ、顔のくすみやニキビなどに効く美容効果だけでなく、疲労や肩こり・腰痛、便秘や更年期障害、高血圧など、たくさんの健康効果もあります。
また、女性の悩みである生理不順や生理痛にも効果があります。毎月生理痛に悩まされている方にはありがたい成分ですね。また、プラセンタにはホルモンバランスを整える効果もあるため、不眠症や自律神経失調症などのメンタル面にも効果があります。
こういったさまざまな効果のあるコラーゲンやヒアルロン酸、プラセンタなどを扱っているクリニックを選ぶのも、仙台でのクリニック選びでは重要といえるのではないでしょうか。